忍者ブログ
だらだら日記。 管理人へのコメントはここかweb拍手へどうぞ。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5年目のありがとうⅠ
明日でこのサイトを作ってから5年目となります。
超マイペースにやってきたサイトですが、サイトを作ったときには創造もしていなかったほどいろんな方に巡り会いました。
もう5年もやってきたのかと思うと、もっと進歩しなければと切実に思います。
これから10年、20年、創作もサイトも一生続けたいですね。

5年目のありがとう。
・・・に、なるかわからない微妙な企画ですが、1位以外は毎日一枚ずつブログ上にアップする予定です。
アンケートまだ今日一日あるやん! というツッコミごもっともですが、さすがにあの1位は覆らないだろうと思って・・・、ね。

2~3位は一枚絵です。
一週間くらい前からフライングで取り掛かっていたので、あと着色が一枚残っているだけです。
・・・大丈夫。
明日今日くらい遅くなっても色塗りくらいなら間に合う・・・はず!


一回目のイラストは続きよりどうぞ。

----------------------------

 気持ちのいい陽気が降り注ぐ午後、私は医務室で、とある少年の手当をしていた。
 士官学校の生徒であるこの子…ハル君は、訓練中に教官に投げ飛ばされて床に頭から落ちそうになったのだという。
「もう少し手加減してあげたら?」
 諫める口調でそう言うと、投げ飛ばした本人…ジャックは、眠たげなような興味がなさげなような目をして肩をすくめるだけだった。

(ほんとにこの男は…)

 病院や医者といった言葉に反射的に拒絶反応を示すハル君をなだめながら、彼がすりむいた頬にガーゼを貼ってやった。付き添いでやってきたアリスちゃんがハル君に話しかけている時、ふと、私はジャックの腕まくりしてむき出しになっている肘に血がにじんでいるのを見つけた。
 ハル君が頭から落ちるのをかばったときにすりむいたのだろう…と想像しながら、私はあることをひらめいた。
 …大丈夫。ジャックはまだ向こうを向いている……。

「しみるわよ」

 と、私が言ったのは、ジャックの肘にたっぷりの消毒液を含んだガーゼが触れた後だった。
 案の定、ジャックは普段見せないような顔で私を見た。信じられないものを見た、とでもいうような顔だった。
 何か言いたいことがありそうだけど、うまく言葉がまとまらないのか、半開きの口から声はでてこなかった。

「…つける前に言ってください」

 しばらくしてから彼が絞り出した言葉に、私は思わず笑ってしまった。



・・・下書き段階のほうが「信じられない」感が強かったので下書きもおいておきます。⇒
普段うつろな分、不意打ちされると瞬間的に鬼気迫った顔つきになる男。

拍手

PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

 980 979 978 977 976 975 974 973 972 971 970 
ブログ内検索
最新コメント
[05/22 藍津海]
[05/22 山乃(管理人)]
[05/19 藍津海]
[02/18 山乃(管理人)]
[02/15 桃隆]
プロフィール
HN:
山乃 ゆぎと
性別:
非公開
趣味:
まんが。
自己紹介:
漫画は読むより描くのが好き。
自己満足オリジナル漫画公開中。
RPGツクールにも侵食中。
忍者ブログ  [PR]