忍者ブログ
だらだら日記。 管理人へのコメントはここかweb拍手へどうぞ。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

隻腕の英雄
「ホシウタ」のサブキャラで今できている下書きのラフ。
主人公、トトの父、ラルイカです。
漫画のほうにもちらっとでてきてます。




ラルイカは「隻腕の英雄」と呼ばれ、トトの憧れの対象であり同時にコンプレックスの対象でもあったわけですが、実際本人は「え? この人があのラルイカ?」って出会った人がびっくりするくらいフツーの人オーラを出してる人です。
しかも超気さくで超いい人。

そんなラルイカですが、誰にでも気さくすぎて身内と他人の区別がなく、いい人すぎて何をされても怒らないというところもありました。
それ故にトトからは距離を感じることもあったのでしょう。
父、ラルイカにとって「特別」になりたかったのに、ラルイカが誰にでも公平だったために、トトは不安になることもあったようです。

そんなラルイカがライオンのナユタを拾ってきたとき、トトにナユタを託して「つよくそだててやりなさい」と言ったことは、トトにとってはとても誇らしかったことでした。
ナユタをつよく育てられれば、父に、息子としてほめてもらえる。父の「特別」になれる、と、幼いトトは思いました。

しかし、ラルイカはほどなくして、里から出たまま帰らぬ人となったのでした。
目標を失ったトトは、ただがむしゃらに、父の影を追うように鍛錬を重ねていきました。

一方、ラルイカがなぜ里に帰ってこなかったのかは謎のまま。
何を想い、何を望んだのかを誰にも知られないまま、ラルイカはいなくなってしまいました。

ラルイカの一生が幸せだったのか、不幸だったのかは、もう、誰にもわかりません。



・・・と、こんな感じで?ラルイカについてはいろいろ思うところが多いですね。
「ホシウタ」のキーパーソンなので。
・・・亡き人ではありますが。
作中では、上でもごもごいってるのもあわせて、ちゃんと人物像を描いてあげたいです。

拍手

PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
 348 347 346 345 344 343 342 341 340 339 338 
ブログ内検索
最新コメント
[05/22 藍津海]
[05/22 山乃(管理人)]
[05/19 藍津海]
[02/18 山乃(管理人)]
[02/15 桃隆]
プロフィール
HN:
山乃 ゆぎと
性別:
非公開
趣味:
まんが。
自己紹介:
漫画は読むより描くのが好き。
自己満足オリジナル漫画公開中。
RPGツクールにも侵食中。
忍者ブログ  [PR]